スポパ爆誕につながる話、これから何度でも何度でも書いて伝えていく。 [バレー]


スポパのおすぎです。


今日はちょっと昔話を。

もちろん今のスポパにつながる話です。


私はスポーツ全般好きなのですが、部活経験はなく、

大学時代に主にフットサル(ミニサッカー?)を楽しんでおりました。

最初はフットサルという言葉も知らず、サッカーをやっているつもりでした・・


ただのサッカー好きなので、

正規のコートや正規の人数でサッカーなんてもちろんやったことなく

鴨川の隣の空き地でサークル仲間や見知らぬ人たちと一緒にミニサッカーするのが私の大学生活。
(年も素性も分からない裸足のブラジル人ロドリゴ、元気にしてるかな・・)


いわゆる"草サッカー"が私のスポーツ人生で、それしか知りません!

普通のサッカーはやりたくてもできませんでした!


結果的にこれが後のスポパの大きなヒントになりました。



大学2年生くらいになるとフットサルが猛烈に流行りだして

フットサルする機会が爆増。


サッカー→フットサルに変わってきたことで大きな変化が。

11人→5人でいい
でかいコート→小さなコートでいい
大会がない→大会がある

今思えば革命ですね!

めっちゃコンパクトになったんです!!

結果的に、私のボールを蹴るスポーツ環境は爆発的に良くなりました!


フットサルを通じていろんな人と出会い、出会いがさらにフットサル環境を作るという無限ループ!


ここまで書くともうお分かりですよね!

もろ今のスポパスタイルです!


バレーを始めた頃、僕らエンジョイ勢にとってはとてもハードルが高かった!

競技志向の方々が多く、エンジョイ勢の勢力が小さかったのがフットサルとは全然違ったんです!
(なぜフットサルはエンジョイ勢が多いのかという私の考察も面白いと思うのでまた書きますね)


私は、草サッカー、フットサルと同じように、草バレーをしたかっただけ。

サッカー、フットサルのルールなんて調べたこともないし、ずっとテキトーにやってきたし

みんなそんな感じだったし、そもそも意識したこともなかったかな。


既存の枠組みやルールの中でスポーツを楽しむスタイルももちろん大切だが

そこは既存の団体さんなどにお任せして

スポパは、草サッカー、フットサルのように、みんなが気軽にスポーツを楽しめるように

枠組みやルールの方を変えていくスタイルの方で

私自身と同じようなエンジョイ勢のためのスポーツ環境を作っていくことに特化。


最初はなかなか理解してもらえず摩擦も大きかったですが、もう最近はほとんどないかな。


関東大会、そしてこれからチャレンジする九州大会でも

このスポパスタイルを知っていってもらえるかが勝負の分かれ目!


それにしても

昔の話を思い出すと懐かしいね。


ゴールのネットもないし、ゴールの大きさもバラバラやし、地面ボコボコやし

雨の後はでっかい水たまりあるし、そもそもコートは早い者勝ちで他団体との縄張り争いあるし

鴨川にボールが落ちて何度も拾いにいくし、落ちないようにみんなの自転車並べてサイドラインにしてたし

流れていってボールなくなるし、いろんな人が勝手に試合に混ざってくるし

今思えばカオス オブ カオスでしたが、

たくさんの方と出会い、その後の人生にも大きく影響を与えた、最高のスポーツ環境だったのは間違いない!


スポパもそんな場所にしたいという想いが強いのです。


この頃の写真、スポパの原点として、事務所に飾っておこうかな(^^;)
(大きなデジカメを毎日持ち歩くほど当時から写真が好きだったので当時の写真もたくさん残ってます)



数々の縄張り争いの結果、勝ち取った毎週火・金の16-19時、

京都府立病院横、鴨川沿いの空き地。


今は誰が使っているんだろう?

編集者: おすぎ@スポパ代表  日付:20年6月24日

スポパ爆誕につながる話、これから何度でも何度でも書いて伝えていく。へのコメント(0件)

新着ユーザー