これもまた試練なのだろう。 [バレー]


スポパのおすぎです。

怒涛の二日間でした。。


うちだけではなく、他もかなり大変だったと思うので

現場のリアルをどんな状況だったかも紹介させてください。


まず、緊急事態宣言が出るような雰囲気になったのは今週の半ばくらいだったかな?

ただし、内容が全くの不明のため、何も対応ができませんでした。

いつから?期間は?どんな措置?

とりあえずイレギュラー対応できるように、土日のシフトを調整。

■4.23(金)の状況
緊急事態宣言出るのは把握できているが詳細がまだ不明。

週明け26日から適用という話も出ていた。

とりあえず、大混乱は必至と思ったので、更に翌日のシフトを変更。

午後に緊急事態宣言が確定し、国から指針が発表されたのが確か夕方くらい?

どうやら25日から適用のようだ。

ただ、措置の内容が未だ不明。

これで大きな混乱がほぼ確定となりました。

とりあえず翌日の大会の開催確認とったところ、なんとか大丈夫そうだ。

よかった。。。

あとは各エリアの知事からの具体的な措置の発表を待つのみ。

20時頃には各知事の発表を確認。

詳細な資料を確認できたのは21時すぎ。
(大阪のみ、京都兵庫は翌日朝でした)


大型施設は休業指示、他の施設は協力要請。

イベントは原則無観客。


これは各エリア、各体育館によって判断変わるのかなぁと。


とりあえず翌日朝から各体育館に確認することに。


■4.24(土)の状況
各スタッフの協力もあり、大幅なシフト変更で、なんとか私は事務所勤務に。

我々のように土日がメインの業態は、この日現場に人が割かれていて

緊急事態宣言の対応できる人がそもそも十分に用意できずに大変だったんじゃないかな。。。

うちは結局一人での対応になってしまいました。


当然てんこ盛り、問い合わせがきますが

とても一つ一つ対応できる余裕がありませんでした、申し訳ございません。。


とりあえず翌日の大会がどうなるかを最優先に対応。

早速ラクタブドームが休館確定。

一気に20チームもの皆様が難民になってしまいました。

新たに体育館を探して取得する時間はないので

わずかに空きのあった別大会を案内することに。

枠も最大限増やして対応しましたが、ほぼ全て埋まり

結果的にはたくさんの方が参加できませんでした。。。

力不足でほんと申し訳ない。。。


最優先の翌日の対応がなんとか終わったので

次は直近の4.29と4.30に全集中。


各体育館に電話するも「まだ指示がなくどうなるかわかりません」という回答。

おそらく休館だろうという予測のもと、別会場を探すことに。


なんとか空きを見つけたものの、取得しに行く時間がない。

しかも土日はすぐに埋まってしまう、どうしよう。。。


ということで緊急措置発動。

近くにいる大会運営中のスタッフに大会抜けて体育館取得に向かってもらいました。

なんとか取得できてエントリー者に案内を送付。

イレギュラー対応になるので当然キャンセルも出るし、問い合わせも増えました。

メンタルきつかったけどやはりこういう時でもエントリー入るのはとても励みになりますね。

とりあえずこの日で4月の対応は完了。


■4.25(日)の状況
この日は金沢さんにも事務所勤務してもらいました。

まず現場の大会も大変。

西野くん、熊崎さんに責任者対応をしてもらいなんとか凌ぎました。

会場変更などありましたが、当日急に来ない、といったチームさんがいなかったのが救い。

ほんとありがとうございます。。。

この日も引き続き、前日と同様の対応で

5月分の状況確認と別会場の確保が急務でした。

別会場の空きを見つけても、取りに行くまでの間に取られてしまうものも多く

十分な参加枠を用意できませんでしたが

なんとか1日1会場は確保できたかな。。。


このように、この二日間でなんとか応急処置を済ませました。



たくさん判断ミスったけど。。

とりあえずやれることやり切ったかな。。とホッと一息。



国や知事の発表が遅いとか準備期間ないとか色々批判もあったようですが

ギリギリまで見極めないとダメなので仕方ないですよね。

多くの方に凄まじい負担を強いるので安易に決められる方が困る。


方針決定から措置実行までの時間がなさすぎるという批判もあったようですが

このスピード感は正直頼もしかった。

確かに大変だったけど、これくらいのスピード感で動くべきですよね。


いや、ほんと大変な世の中。


居酒屋やLIVE、海外旅行なんかはなかなかすぐには元に戻らないだろうとも言われています。

これだけ長期間制限かかると少しずつ文化が薄れていきますよね。。。


私なんかは普段、居酒屋もLIVEも旅行も行かないですが

応援の意味で、これからガンガン行こうと!!!


"社会生活の維持に必要かどうか"って表現の意味はもちろんわかるのだけど。。

やっぱ悔しいよね。。。

自分たちが一生懸命やっていることが必要ないって。。。


ほんと気を張っておかないと文化そのものが破壊されてしまうと思ってます。


スポーツする文化、守るどころかまだまだ文化にさえなっているとは言えないですが

"社会生活の維持に必要なもの"以上の存在にまで昇華させていきたいと強く強く思った。


この二日間もたくさんの勇気を頂きました!


わざわざ「このような状況下で大会開催ありがとうございます」と言いにきてくれた方もいたそうだ。

キャンセルしたけど、再度エントリーくれた方もいた。

追加でエントリーくれる人もいた。

キャンセルになってしまったけど、ほんと申し訳ないです、と言っていただける方もいた。



まだまだ頑張れるし、頑張る!!

頑張る理由がてんこ盛りある!!!!!!!


編集者: おすぎ@スポパ代表(採用がんばる)  日付:21年4月26日