一生分の頑張る理由ができたと言っても過言ではない。 [バレー]


スポパのおすぎです。

こういった時期ですので

相変わらず、皆様にいろいろとご負担おかけしております。

会場変更や時間変更、試合形式の変更と。。


最近では、一度中止にしたものの

空きの体育館が見つかったので、急遽会場変更を案内したりと。。。

かなり無茶苦茶なパターンも増えております。


混乱を招き、ほんと申し訳ございませんm(_ _)m


各メンバー陣を率いてるキャプテンの皆様も

メンバーへの参加確認などなどいろいろと大変かと思います。


そんな中、参加が難しくなった場合でもほぼ全ての方が

「参加できなくなり申し訳ありません」
「せっかく用意してくださったのに」
「日頃より頑張って頂き」

などなど大変身に余る光栄なお言葉を頂戴しております。。

うちの方が負担かけてしまってるのに・・

毎度毎度身に染みます。


こういう非常事態の唯一の良いところ?は

多くの人に支えられているっていう温かさを強く実感できること。


非常事態には人間の本質が剥き出しになるとよく言われます。

確かに非常事態には誰しも余裕がなくなり、攻撃的になったり、暴走してしまうこともありますよね。


ニュースなども見ていると誰かが誰かを非難するようなものばかりでほんと嫌になりますが

私自身がこの一年半続いている非常事態を通して体験して感じたのは

人の持つ闇の部分以上に、たくさんの光の部分でした。



まさに、大好きな漫画"キングダム"のセリフにもあるように

「人の持つ本質は、光だ」

でしたね。


一生分の頑張る理由ができたし

スポパのミッションへの想いもめっっっちゃ強固になった。


ドタバタな日々が続いておりますが

スポパで共に働く人がどんどん増えてきて

私自身少しずつ余裕を持てるようになってきました。



改めて、スポパのミッション見据えて

しっかりチャレンジしていかねば!とふんどし締めなおしているところ。


やりたいことがあってもアレコレとハードルが高いご時世ですが

やはり挑戦には障害がつきもの。


さぁどうやっていこか〜って日々悩み中。


平日をね、もっと楽しくしていきたいんすよね。

編集者: おすぎ@スポパ代表(採用がんばる)  日付:21年5月17日