"スポパ2.0"になってくよー。 [バレー]


スポパのおすぎです。


もう間も無くまたカオスな時期がやってくるのでしょうが

今少しだけ"束の間の日常"を謳歌しております。


この少し落ち着いた期間を無駄にしたくないので

いま急ピッチで改革を実行中です。



改革の一つであるグループウェアの導入はまだ試用段階ですが

うまく機能しそうなのでもうこれで確定しようかなと思います。

あとは契約作業すれば完了。



そしてもう一つの改革が、予約システムの導入です。

エントリー方法をもっと"スマート"にします。

これは十分に説明したいのでまたブログで書きます。

もう契約も完了しており、スポパ用に急いで設定を完了させているところです。


この二つが今回の改革の柱。

それに付随していろいろと見直しをかけ、適宜修正していっております。


社内業務も膨れ上がり、参加者の皆様もどんどん増えているので

社内業務の効率性アップ、参加者の皆様の利便性アップ

が今回の改革の目的です。



特に、事務作業に忙殺されてしまっていたことは大きな反省で

ここを思いっきり削ぎ落としたい。


もっと"スポパのミッション"や"参加者の皆さん"

の方をしっかり向いて仕事できるような環境を作りたいんです。


みんながワクワクするような企画をもっとやっていかなあきませんよね。


"スポーツをもっと身近に"ってミッションの達成には

スポーツ環境を用意するだけではなく

スポーツそのもののポテンシャルをもっと引き出さなあかんと思ってます。


スポーツの楽しみ方ってもっと創意工夫の余地があるはず。

100年ちょっとくらいの歴史しかないんですもんね。

まだまだ発展途上。


スポーツといえば、プロスポーツなどの競技スポーツをイメージする人が多いはず。

あるいは生涯スポーツとしての一面か。


でも、スポーツって言葉は元々「楽しむ」「遊ぶ」などを意味する「disport」が変化した言葉。


もっともっと違う側面もあるんじゃないかな。


そういう側面を発掘したり、生み出していくのが

スポパの役割であり、お仕事であると思ってます。


崇高な理想を掲げておきながら

実務ベースでは程遠いことしかできておらず

しかもどんどん遠ざかっているような気がして

とても大きな不安を感じるようになったというのが

今回の改革のキッカケ。


気がつけばとても危険な状態になっておりました。


仕事のスタイルや各自の認識を軌道修正しきます。

編集者: おすぎ@スポパ代表(採用がんばる)  日付:21年5月24日