競争ってなんか響きが怖いですよね [バレー]


スポパのおすぎです。

突然ですが

新しい予約システム(https://eipro.jp/sports-park/)への会員登録に

キャンペーンを発動します。


会員登録キャンペーン"スポパくじ"。


【キャンペーン内容】
会員登録者の中からランダムに、"毎月"総額10,000pt(1等5,000pt、2等3,000pt、3等1,000pt×2)をプレゼントします!

会員登録しておくだけ!あとは勝手に対象になります!

まだ会員登録数少ないから当たる確率は高いんじゃないかな??

【7月度当選発表】
7.29(木)午後
該当者にメールにて連絡。

以上です!とてもシンプルなキャンペーン!


いま少しずつ個人単位で参加できるイベントを増やしていっております。

事前に会員登録しておくと、参加したいなって思った時に気軽に参加できますので

多くの人に登録して欲しいなと思ってスタッフ一同積極的にオススメ中。



さてここで今回のブログのタイトルにつながる話なのですが

いま事務所では、誰が一番会員登録をしてもらえるかってのを楽しく競い合っています。
(会員登録するときに、「誰からオススメされましたか?」って項目があります)

何か数字で競い合うってのをやりたかったんですよね。


数字というのは知恵を出したり工夫しなければ絶対に伸びません。


より良いスポーツ環境を追求し続けるためにも

個人のスキルを磨き、競い合うこと、切磋琢磨することは必要なんじゃないかなと。


発展している業界には適度な競争が存在し、

あまり活気がない業界は競争が起きていなかったり、競争そのものが否定されている気がします。



"競争"って言葉は、ハードな響きかもしれませんが

試合やゲームも"競争"の一つですよね。


私含め、皆さんが普段から楽しんでいるもの。

日常生活に溶け込んでいるし、工夫次第で楽しめながらできるもの。


良い競争をたくさん生み出していきたいっすね。


皆さん、会員登録よろしくですー!!

編集者: おすぎ@スポパ代表(採用がんばる)  日付:21年7月16日